So-net無料ブログ作成

屁理屈無し 社長のための時間の使い方

夢リタ零【ZERO】~PC1台で6000万円稼いだ方法~

あなたが、インターネットで本気で稼ぎたいと 思っているのであれば、チャンスです。

PC1台で6000万円稼いだ方法を 知りたくはないですか?

不確実なノウハウを実践して、 悩むのはもう終わりにしましょう。

ただし、本気で稼ぎたいと思っている方だけに、 無料でプレゼントします。

↓↓↓↓↓
夢リタ零【ZERO】

★お金のために、奴隷として働いていた時代 [起業]

須田大介のパートナー

荒砂陽介です。



須田さんにバトンタッチされました^^


この記事は主に、インターネットを使って、

どうにかお金を、収入を増やすことができないかな?



そう考える人に向けて、僕が今までやってきたことを、

パソコンを一本打ちで触っていたところから、



人生最低最悪の、夜逃げ時代

月収10万円のアルバイト時代から、



何年かかけて、会社を設立するにいたった経験を

本気でさわやかに、しっかりと書いていこうと思っています。



「月収100万円を稼ぎたい…」


そんな想いを持っている人は、

全力で応援していきたいと思っています。



正直なところ、僕の信条というか

モットーのようなものは、



インターネットを使って、

月に最低でも50万円作る仲間を、

30人作る、というのが夢だったりするんです。



僕自身が本当にどん底にいたころは、

ひとつのカップラーメンを、家族4人でわけあって、



冬の寒空は、友人からもらったオンボロのコタツに入って、

寒さを防ぎながら、本当に必死でやってきました。



ですからあなたがもし、

すごく今悲惨な状況にいて、



どうにかお金を稼ぎたい、

そう思っている人の気持ちは

痛いほど、よく理解できるつもりです。



だからこそ僕は、僕と同じように

インターネットを使って、お金に不自由なく、



普通に面白くない仕事を、イヤイヤするのではなくて、

自分のやりたいことや、夢を追いかけながら、



パソコンを使って、まずは月に50万円、

そしてゆくゆくは、本気で月に100万円稼いでほしい、

そういった願いをこめて、この文章を書いています。



■ サラリーマンは安定してるのか?



僕が本当にお金が必要だったとき、

朝は新聞配達をして、夕方まで廃品回収をして、

それからガソリンスタンドで、アルバイトをしていました。




僕自身、このときに腐ってしまって、

適当な職場で、適当な気持ちで働いていたら、

きっと、ダメな人間になってしまっただろうな、そう思ったんです。



お金には本当に縁がなくて、



働いても、働いても、通帳の残高は増えていきません。




たぶんこのとき、普通にもらっている給料は、

普通のサラリーマンの人よりは、多かったですね。



手取りにして40万円ぐらいもらうぐらい、

どんな仕事も、絶対に手を抜かずに全力でやってました。



心がすごく辛かったので、

働くことで、気をまぎらわしていたのかもしれませんね。



僕の心はいつも沈みがちでしたけど、

それでも絶対に、笑顔を忘れないようにしよう。



誰とでも気さくに話して、常に楽しそうにしよう。



そうじゃないと、心を保てなかったんです。



押しつぶされそうな金額の借金と、

自己破産によって、何も残らない空しさ。



もしもこのときに、僕一人だったら、

きっとその見えないプレッシャーに、

潰されてしまったんじゃないかな、と怖くなります。



僕はサラリーマンの人を、すごく尊敬します。



でも、会社に言われたことだけをやって、

決められた給料をなんとなくもらって、



夢もなければ、希望もなくて、

自分の目が、なんだか最近にごりがちな気がする…。



仕事も最近、面白くもないし、

給料だってロクに上がらない…。



でも、一定のお金を毎月もらえるなんて、

とても素晴らしいことだとは、思いませんか?



志を持って、今のお仕事に全力で取り組めている人や、

たとえあまり好きでもない仕事に対して、

熱意や感情を持って、働けている人は尊敬します。



サラリーマンの厳しいところって、安定を手にするかわりに

絶対的な収入が、なかなか伸びないところですよね。



1年間会社のために、身も心も削って、

時には休日出勤もして、残業も頑張って、

上司の理不尽な欲求を、拳を握りしめて耐えたりしても。



1年たって、給料ってどのくらい上がりました?



それなりに大手に勤めていたとしても、

毎月10万円、収入を増やそうとしたら難しいですよね?



こんな世の中だからこそ、僕は絶対に、

自分で稼ぎ出すスキルが必要だと思っています。



僕のもとには、いろいろなメールがきますが、

いきなり会社を辞めて起業したいです、とか、



会社の給料が少なすぎるので、

いつかは自分のやりたいことを、やってみたい。



「月100万円あったら、何がしたいですか?」



もちろんこれは、1ヶ月とかだと難しいですが、

僕の想いに、賛同できるのであれば、

毎月50万円程度であれば、誰でも稼げると思っています。



僕のクライアントさんの中には、

最初はパソコンすら持ってなくて、



たまたまネットカフェで、

インターネットサーフィンをしていたときに、

僕のことを知って、ネットの世界に飛び込んできた人もいます。



■ 悲劇に甘えてしまう人



これだけは、僕、許せないんです。



自分が以下に悲惨な人生を送って、

人に騙されて、お金をむしり取られて、


ネットのノウハウを次から次に買いあさって、

ロクに実践しないで、稼げない稼げないと言ってしまう人…



僕はそういった人たちを、

どうにかして救ってあげたい、稼がせてあげたい、

そういう気持ちは誰よりも持っています。



ネットで稼げない初心者さんのために、

月に100万円の収入を得て頂きたい、



その想いで、パソコンを使って、

まずは月に50万円、収入を上乗せしてもらいます。



サラリーマンを辞めずに、

自宅にいながら、月に50万円あったらどうですか?



僕は今の嫁さんに、すごく苦労をさせてきたので、

当時は新婚旅行に行くお金さえなくて、



本当にこんな僕を身捨てずに、

よくついてきてくれたと、本気で感動しています。



ですからもし、あなたが今

どんな状況であっても、稼げていなくても、

経験も人脈も、スキルもなにひとつなくても。



やる気



これを持っているなら、全力で応援しますし、

僕の持っている力であれば、すべて捧げる覚悟があります。



「毎月100万円稼ぐ」



その想いを、あなたが忘れないというのであれば、

僕がまったくのゼロから、どうやって

毎月200万円稼げるようになったのか?



そのカラクリを、まったくの初心者さんでも、

わかりやすいように、稼ぐために必要なものを、

すべて用意する環境が整いました。



「あなたは、本気で収入を増やしたいと思っていますか?」



僕はあまり文章がうまくないので、

これだけの記事を書きあげるだけでも、

何時間もかけながら、渾身の想いで書いています。



月に50万円、100万円を本当に稼ごうと

思っているのであれば、あなたの気持ちや感情、

これが本当に大切になってきます。



ぜひ、僕がすべてを伝えきるまで、



収入を絶対に増やしてやるんだ。



会社に頼らなくても、お金をもっと稼ぎたい。



忘れかけていた夢を、もう一度叶えてみたい。



家族と一緒に、いろんなところに行ってみたい。



たまには優雅な夕食を、旦那と食べにいきたい。



息子や娘に、ある程度欲しいものを買ってあげたい。



お金がすべてではありませんが、



お金がなければ、家族を散らせることは簡単です。



まずは月に50万円、真剣に稼いでみませんか?



P.S-荒砂後記



■ 陽気爽快MAX



ほないってくるでー♪



そんな陽気にさわやかにタクシーに乗りこむ僕。



家を出てすぐにナイスタイミングで、

タクシーを拾えて笑顔になっているとき、

自然と僕の口からは、こんな言葉が出てきました。



「おっちゃん! ナイスやわ。グッドタイミング!」



タクシーのおっちゃんも見事な返しで、



「お! 兄ちゃん朝からえ~感じやなぁ」



「明日は雨みたいやけど、今日の朝は気持ちい天気やなぁ


 GW休み明けのしょっぱなが雨やったら上がるもんも上がらんしなぁ」




僕も思わず、相づちを打って、



「ほんまやなぁ!」



そうしたらまたおっちゃんが、

こんな素敵な言葉を、僕にくれたんです。



「でもワシも年に3日だけ仕事が嫌な日があるんや。

 盆と正月とGWや!」



「暇やからお客さんのありがとうが聞けんやろ。

 ガッハッハー」



なんかもう、お客さんと運転手の関係じゃなくて、

仲のいい友人と、ノリでする会話ですよね。



めっちゃ気分がよかったです。

すっげえ朝からテンションMAXになりました。



今日の僕は、東京で大切な商談があったんですが、

そういったことを、おっちゃんに伝えて別れ際に



さらに言葉のプレゼントを頂きました。



「間違いなく成功するで!! だって今日何もかも順調やろ?



 信号も全て青で、ワシも新大阪まで最短時間記録更新やし、

 料金も最安値更新やわ。ガハハ~」



思わずがっちり握手して、



最後には握手まで交わした、最高の朝でした。



今まで乗ったタクシーの中でも、

トップレベルにいい運転手の人だったなあ。



■P.S2



嫁にも新幹線に乗る前に、こんなことがあったと

電話で報告しました。



ほな嫁も「え~やん! 素敵やん! 頑張ってきてね!」

っ言ってくれました(^-^)



いい嫁をつかまえられて、

僕は本当に幸せものだと、感激しています。



嫁バカな僕かもしれません…。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

広告スペース
Copyright © ダン・ケネディの本!! All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。